インプラント

成功率の高い治療法を採用

当院でのインプラント治療はでは3次元CTを用いて、まず患者さまのあごの骨を徹底的に解析します。
そして骨の構造を分析した上で、成功率の高い2回法によるインプラント治療をおこないます。

インプラント埋入前には血液検査をおこなって患者さまの全身状態を把握し、手術の安全には万全の体制をとっています。また大学病院などとも連携し、インプラントへの不安が大きい方には鎮静法や入院、全身麻酔下における治療の希望にも応じます。
これらの対策により、サイナスリフトGBRといったすべてのインプラント治療が可能です。

CT撮影

インプラントの前にCTにより顎骨の検査を行います。

治療例

インプラントを埋め込んだところです。この上に入れ歯を作っていきます。

 

インプラントを埋め込んだレントゲン写真です。

 

サイナスリフト・GBRの写真
赤点線の所まで副鼻腔が広がっていました。サイナスリフト、GBRにより青点線の所まで骨を作りインプラントの植立を可能にしました。

山田歯科医院 Yamada Dental Clinic 休診日:水曜・日曜・祝日(祝日のある週は、水曜も12:00まで受付致します)お気軽に当院まで ご相談ください 078-927-3780