歯周病・予防歯科

歯周病

歯周病は「生活習慣病」です

歯周病は、現代日本においては歯を失う原因としては最も多いものとなっています。
原因は歯のすきまにたまる垢で、「プラーク」と呼ばれるものです。プラークの中で歯周病菌が増殖し、歯を溶かしていくことで私たちの歯に大きなダメージを与えます。
そして歯周病は感染症なのですが、生活習慣病ともいわれます。生活習慣によって大きく左右され、症状を悪化・進行させてしまうものだからです。

逆にいえば、生活習慣に注意することで進行を食い止めることもできます、30才以上の成人の80%以上が歯周病になっているといわれます。
ただし減ってしまった歯茎はもう元へ戻りません。
40才を超えたら、歯周病と歯と歯の間の虫歯に気をつけてください。年2~3回の定期検診と歯石とりが効果的です。歯周病によく効く薬もご紹介します。

症例

歯茎が減って虫歯になったところに、白い詰め物をしました。
大人の場合、歯周病(歯槽膿漏)で歯茎が減り、そこに食物が溜まって、歯と歯の間から虫歯になります。
正しくない歯みがきによって自分で歯を削ってしまい、虫歯になることもあります。

歯の治療にもっとも大事なことは「予防」です

当院は口腔外科の考えをとりいれた治療をおこなっています。
ひとつひとつの歯だけでなく、患者さまのお口全体の管理をおこないつつ、無理のない方法をご提案してまいります。

フッ素塗布のお知らせ

当院では治療終了時にフッ素の塗布をおこなっております。
ご希望の方はお申し出ください。

山田歯科医院 Yamada Dental Clinic 休診日:水曜・日曜・祝日(祝日のある週は、水曜も12:00まで受付致します)お気軽に当院まで ご相談ください 078-927-3780